編集画面では動画は再生されません。

Shoko

ドイツ生まれのダマスカス鋼包丁

プロの料理人にも愛される鋭い切れ味と
特許を取得したオリーブ製ハンドルが手に馴染み、
料理を楽しく惹きたてます。

NEWS

2022.09.08
Shokoオープンしました
2022.09.08
Shokoオープンしました

ドイツ生まれのプロ仕様包丁

Shokoプロ仕様包丁の特徴

抜群の切れ味!V金10号(VG10)を使用したプロ仕様
特許を取得した長時間使用しても疲れにくく手に馴染むハンドル
世界三大デザイン賞の一つ、レッドドットデザイン賞受賞
特許を取得した長時間使用しても疲れにくく手に馴染むハンドル

Point

PRODUCT


レッドドットデザイン賞2021受賞

Shokoはオリーブのインレイハンドルを製造できる数少ないブランドの一つです。
ハンドルは利き手や包丁の持ち方に関わらず、人間の手の形に自動的にフィットし長時間使用しても疲れにくい特徴がある国際特許取得済みのハンドルを採用しています。
一本一本私たち兄弟自身で品質をチェックし、高品質を保っています。

オリーブはイタリアから取り寄せ、10年以上乾燥させたものを使っているので、非常に丈夫です。

用途に合わせた3種の包丁

三徳
様々な食材に対応できます。最初の1本として持っておいて損はありません。どんなシーンにも活躍する手放せなくなる最高の相棒です。
切付
野菜を刻んだり、刺身を引くのに使われることが多いですが、どんな用途にも対応できる万能型の包丁です。包丁は見た目で選んで料理を楽しむことも大切です。
牛刀
お肉や魚をさばくのに適しています。三徳に比べると野菜や果物を切るのはやや苦手です。料理が好きな方や大きな食材を豪快に調理したい方にオススメです。
牛刀
お肉や魚をさばくのに適しています。三徳に比べると野菜や果物を切るのはやや苦手です。料理が好きな方や大きな食材を豪快に調理したい方にオススメです。

疲れにくい特許取得済みのハンドル

Shokoはオリーブのインレイハンドルを製造できる数少ないブランドの一つです。
ハンドルは左利きでも右利きでも手の形に自動的にフィットし長時間使用しても疲れにくい特徴がある国際特許取得済みのハンドルを採用しています。
一本一本私たち兄弟自身で品質をチェックし、高品質を保っています。

オリーブはイタリアから取り寄せ、10年以上乾燥させたものを使っているので、非常に丈夫です。

ステンレス鋼の最高峰、VG10の抜群の切れ味

V金10号は炭素鋼並みの切れ味と、ステンレス鋼の錆びにくく欠けにくさを兼ね備えたステンレス刃物の最高峰とも言われています。
永切れ性も高いため、刃を研ぐ頻度も少なくて済むのでお手入れも簡単です。
67層のダマスカスは非常に美しい見た目で、料理人の心も弾みます。


ABOUT

アンドロとトマの兄弟

ドイツのバイエルン出身のアンドロとトマの兄弟です。
2人の兄弟は幼いころから家庭菜園で自給自足の生活をする家庭で育ち、
2人の兄弟の母は素晴らしいシェフで料理の先生でした。
理想の包丁を作るために3年前「Shoko」ブランドを立ち上げました。
既にナイフとハンドルの形状や素材を変えながら沢山の改良を重ねてきました。
改良の度にゆっくりと、まったく異なるものに変化していく。それがShokoのブランド理念です。